猫好きのための猫好きによる猫語辞典。猫好き、にゃんこ好きにはたまらない辞典です。

汚れ


猫といえば美しい柄が魅力的であるが、中には汚れとしか思えない柄を持つ猫もいる。
汚れではない。
汚れではないのだけれども、敢えて汚れと呼ばせていただく。


特に口の周りについているともう、汚れにしか見えない。
ミートスパゲッティを頬張った子供のように、口の周りに汚れを巻き散らかしている。


ちなみに、この汚れ。拭いても決して落ちることはない。
落ちないからと言って漂泊は絶対にしないでください。それ柄ですから。

使用例:
「え?それ汚れじゃないの?」
「ウ~ニャン(違います。柄です。)」

参考画像:
ミートスパを食べた直後としか思えない猫の汚れ、もとい柄

yogore.JPG

アホ猫クリックで管理人のテンションがあがります。
右の巨大肉球と同じ効果があります。
にほんブログ村 猫ブログへ


Facebook Twitter

スポンサードリンク

一覧

肉球です。 にほんブログ村 猫ブログへ
この巨大な肉球をクリックすると管理人のテンションが上がり、猫語の作成スピードが上がります。 (訳:1日1クリックでブログ村のランキングが上がります。)

Facebook

Twitter

RSS FEEDS

○このサイトの広告について
猫語辞典ではコンテンツの一部に広告が表示されます。
不快に感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、広告から得られた収入は、管理人が仕えている5匹の猫たちのご飯の元となりますためご了承ください。

QLOOKアクセス解析